みちぱん書評録

しがない書店員・みちぱんによる超絶個人的見解の書評記録

高田大介「図書館の魔女 第三巻」

図書館の魔女 第三巻

f:id:michipan:20180408123826j:plain

著:高田大介 版元:講談社

 深刻な麦の不作に苦しむアルデシュは、背後に接する大国ニザマに嗾けられ、今まさに一ノ谷に戦端を開こうとしていた。高い塔のマツリカは、アルデシュの穀倉を回復する奇策を見出し、戦争を回避せんとする。しかし、敵は彼女の“言葉”を封じるため、利き腕の左手を狙う。キリヒトはマツリカの“言葉”を守れるのか? 

(「BOOK」データベースより)

 

photo.png
みちぱん

引き続き、図書館の魔女の第三巻です。
いよいよ折り返しですね。

bunchou.png
ブンちゃん

僕としては、次の四巻の方が気になるかな。

photo.png
みちぱん

そりゃあ、誰だってオチは気になりますよ。

bunchou.png
ブンちゃん

それはもちろんそうなんだけど。
…四巻、分厚すぎない?
京極夏彦ばりじゃない?
西尾維新でもいいけど。

photo.png
みちぱん

確かに…。
そしてこの例えで
「あぁなるほど、そのくらいの分厚さね」
と分かってくれる方は果たして
どれほどいらっしゃるのか…。
私としてもきちんと感想書けるか
不安ではありますが、頑張ります。
まずは三巻ですね。

bunchou.png
ブンちゃん

二巻でキリヒトが「キリヒト」という
凄腕の護衛かつ殺し屋であることが
判明したわけだけれど…。

photo.png
みちぱん

けれど、マツリカ様の側に控えている分には
ただの手話通訳の少年にしか見えない。
でも川遊びに同行していた儀仗兵たちは
キリヒトの正体を見てしまったわけです。
なるべく「キリヒト」の存在を気付かれない方が良いと
判断したマツリカ様は、その儀仗兵たちも
図書館付きの勤務にしてしまうんですよね。
司書兼護衛てきな。

bunchou.png
ブンちゃん

5人も増えたわけ?
二巻の襲撃で顔に傷が出来たアキーム、
手先が器用なヴァーシャルヘイ、
古典にそこそこ詳しいイズミル
アダンとオルハンは…あまり特徴ないな。

photo.png
みちぱん

そんなこと言わずに、と
言いたいところなんですけれど、
アダンとオルハンにこれといって特徴は
確かにないんですよね…。

bunchou.png
ブンちゃん

小説で特徴ないって
そのまま「死」を意味するよね。

photo.png
みちぱん

いやいやいや、きっとありますって!
私たちが気付かなかっただけで
彼らにも個性というか特徴はあるはず…です…。

bunchou.png
ブンちゃん

まぁそれは読者さんに探していただくとして、
ここにきてまた新たな国も出てきたよね。

photo.png
みちぱん

アルデシュですね。
この国は中間管理職みたいな立ち位置でして…。
大国のニザマと一の谷に挟まれているんです。

bunchou.png
ブンちゃん

中間管理職か…。
結局、下っ端が一番楽なんだよね。
楽しくはないだろうけどさ。

photo.png
みちぱん

私も何度か中間管理職ポジションを
経験したことがあるので分かります。
あれは辛いです。
上にも下にも頼りずらい、でも自分のキャパもない!

bunchou.png
ブンちゃん

アルデシュもまさにそんな感じだね。
麦の不作が続いている上に、
ニザマから一の谷に
暗に戦争をしかけろと脅されている。

photo.png
みちぱん

一の谷は広い国ですから、
国の防衛に莫大な経費を費やしている。
でも全域に十分な経費はかけられず、
言わば薄い網で覆っている状態なんですよね。
ニザマ…というよりも宰相ミツクビは
そこに目をつけて、一の谷西方領をアルデシュを使って
落とそうと考えているみたいです。

bunchou.png
ブンちゃん

そこでマツリカ様とキリンが
軍縮を提案すると。
要だけに兵を置いて、そこへ多額投資する。
少数精鋭みたいなものなのかな?
2人の計算上、それでも十分に成果があり
お釣りがくるみたいだけど、難しいことは分からないや。

photo.png
みちぱん

キリンは軍師としても優秀ですからね。
そこにマツリカ様も加われば、
もう間違いないんじゃないですか?
でも一の谷の元老院はこれを棄却するんですよね。

bunchou.png
ブンちゃん

お偉いさんは頭固いからなぁ。
この有事に軍縮など正気か!
って感じなんだろうねきっと。

photo.png
みちぱん

まぁ2人も、一度は棄却されると踏んでいたみたいで。
「有事」になる前に先手を打って
起草しておくことが大事だと言ってましたね。
けれど、マツリカ様はさらなる策を講じるわけです。

bunchou.png
ブンちゃん

今度はなんだ?

photo.png
みちぱん

これから起こるであろう戦争に勝つのではなく
戦争自体を無くしてしまおうと考えたんです。

bunchou.png
ブンちゃん

「起こらなかった第三次同盟市戦争」…。

photo.png
みちぱん

そうです。
でもマツリカ様にそれ言ったら怒られそうですけどね。
彼女は先代であるおじい様が大嫌いなので(笑)

bunchou.png
ブンちゃん

でもどうやって止めるんだ?
話し合いでどうにかなっていたら
そもそも戦争なんて起こらないだろう。

photo.png
みちぱん

戦争で勝つことによって利益が出る、
その可能性があるからアルデシュは
ニザマにけしかけられて
戦争を起こそうとしている。
要は、戦争は国力を消費するだけで
何の得にもなりませんよ、という
状況を作り出すことが条件となりますね。

bunchou.png
ブンちゃん

そうなると、アルデシュの農作が焦点か。
麦が育たないから、一の谷まで
農地を広げようって算段だろうからね。

photo.png
みちぱん

麦の不作の原因は、塩害と
灌漑の失敗による土地の痩せからきているそうです。
それを解決できれば、戦争が起きる理由のひとつはなくなる。
しかも、マツリカ様はもう策があったんですよ。
二巻でキリヒトと市井を散歩しているときに
「それ」を見つけています。

bunchou.png
ブンちゃん

「それ」とは?

photo.png
みちぱん

揚水機ですよ。
立ち寄った廃工場にその原型が放置されていて
それを見つけたマツリカ様は
「使える」と思ったんでしょうね…。
その揚水機を導入できれば、
すぐにとは言わずともアルデシュの
農地問題は解決できるようです。

bunchou.png
ブンちゃん

図書館の魔女恐ろしいな…。
「理由のひとつ」ってことはまだ問題があるの?

photo.png
みちぱん

ニザマですね。
おいそれと一の谷側については、
ニザマから潰されるのは目に見えてます。
そこでマツリカ様はニザマにも一策講じます。
ニザマ帝をこちら側に引き込もうという算段です。

bunchou.png
ブンちゃん

ニザマ帝とミツクビって仲悪いんだっけ?

photo.png
みちぱん

ニザマは表向きは帝政なんですけれど、
実質権力を握って国を動かしているのはミツクビですね。
ニザマ帝はミツクビをどうにかしたいわけです。
けれどニザマ帝も高齢で心臓に病を患っています。
マツリカ様はそこに目をつけて、心臓病に効く薬を
一の谷で工面するからこちら側に
ついてほしいというお願いをするわけですね。

bunchou.png
ブンちゃん

みんなでミツクビを倒そうというわけか。

photo.png
みちぱん

そういうことですね。
準備を終えて和平への目途がたったマツリカ様一行は
ニザマへ三国会議へ渡ろうとするのですが、
その直前にアクシデントが起こってしまいます。
マツリカ様の利き手である左手が
動かなくなってしまったんです。

bunchou.png
ブンちゃん

町で人形劇をやっていた男に
一杯食わされたやつだな。

photo.png
みちぱん

その男が実はミツクビからの刺客だったんですよね。
劇中で人形の左手が切り落とされたんですが
それを見たマツリカ様は左腕が動かなくなって…。
強い暗示の一種かと思わますが…。

bunchou.png
ブンちゃん

そんな簡単に動かなくなるものなの?

photo.png
みちぱん

プラシーボ効果が良い例ですけど、
案外人間って暗示に弱いんですよ。
今回の場合、パブロフの犬のように
何か左手が動かなくなる「鍵」が
あるようなんですが、この巻ではまだ
明らかになっていないですね。

bunchou.png
ブンちゃん

マツリカ様は声が出ない。
だから手を奪ってしまえば、
手話もできないし文字も書けないから
図書館の魔女は「沈黙」すると
ミツクビは考えたのか。

photo.png
みちぱん

おそらく、二巻の襲撃で「キリヒト」の存在を知って
暗殺は限りなく難しいと踏んで
今回の作戦に移行したんでしょうね。
それだけミツクビにとって「図書館」は
厄介な存在であるということですね。
でも魔女は沈黙しなかった。
キリヒトとの指話がまだ残っていたんです。

bunchou.png
ブンちゃん

キリヒトがいるからまだかろうじて
人と意思疎通ができるが…。
言葉が命であるマツリカ様にとって
かなり精神的にくる攻撃だね、これは。

photo.png
みちぱん

三国会議は成功するのか、
マツリカ様の左腕は回復するのか、
次回四巻、最終回です。

 

 

michipan.hatenablog.com

 

 

michipan.hatenablog.com